薄毛になるのはどうして?

ストレスが原因の薄毛について


ストレスを感じると薄毛になることがありますが、これは過度にストレスを感じる生活が続くと血管が収縮してしまい血行が悪くなってしまうからです。血管の収縮によって頭皮全体に栄養がしっかり運ばれなくなり、髪の毛が上手く成長できず薄毛になります。また、ストレスは食欲不振や不眠などを引き起こすことにもつながり、髪に必要な栄養がさらに足らなくなります。
男性だけでなく女性もストレスが原因で薄毛になってしまうため、注意が必要です。ストレスをためる前に、解消するように心がけましょう。もしストレスで血行が悪くなっていると感じたら、血流を改善するためにマッサージをしてみましょう。指の腹を使って頭皮全体を優しく刺激すると、血行改善に効果的です。

男性に多いAGAについて


成人男性の薄毛の原因としてよくみられるのが、AGAです。男性ホルモンの影響や遺伝により、抜け毛が増えて薄毛になります。高濃度のDHTがヘアサイクルを短くしてしまうせいだと考えられており、髪の毛が成長する前に頭皮から抜け落ちてしまいます。細くて短い髪の毛が増えることで、薄毛が目立ってしまうのが特徴です。
AGAは額から後退する場合や頭頂部から薄毛になる場合などがあり、どちらも混合していることも多いです。さらに、食生活が偏っているなど生活習慣の乱れによってAGAは進行していくので注意しましょう。
すでに発症していると思ったら、早めの対策が必要です。専門のクリニックなどがあるので、問い合わせてみましょう。